50代の薄毛をあきらめない|専門家を見つけよう

男の人

AGA治療の新薬

栄養剤

プロペシア

AGA治療薬としてプロペシアが良く知られていますが、プロペシアより効果が高い新薬として開発されたのがザガーロです。2015年に厚生労働省から認可されており大阪のクリニックでも処方されています。大阪で処方されているザガーロはカプセル状の飲み薬で1日に1カプセルを服用します。食後食前に服用することが決まりになっている飲み薬が多いのですが、ザガーロはいつ服用してもOKになっているので薬の時間を気にする必要がありません。AGAを発症すると細く短い産毛のような頭髪になってしまいますが、ザガーロを6か月間使用した男性の毛髪は太く強いものになり発毛効果もあることが判明しています。プロペシアでは、満足する効果が得られなかった人でもザガーロの強力な効果によって発毛や育毛効果がみられるため薄毛に悩む大阪近郊の方たちから注目を集めています。

新薬の特徴と効果

AGAの原因は体内の男性ホルモンと頭皮から出ている酵素にあります。男性ホルモンと酵素が結びつくことで毛髪の成長を止めるホルモンを作り出してしまうためにAGAを発症することが分かっています。酵素には2種類の型があるのですが、ザガーロの主成分であるデュタステリドには2種類の酵素の生成を止める働きがあり、毛髪に悪影響を及ぼすことがなくなります。プロペシアには1種類の酵素にだけ効き目があることから考えてもザガーロの効果がより強力だということが分かります。大阪のクリニックで処方しているザガーロは、プロペシアよりも体内に留まる時間が長いので効果が持続します。ただし、短期間では効果が少ないので6か月間は服用することになります。ザガーロは、女性の脱毛症には効果が確認されていないので、現在は男性のみが使うことができます。